予防接種

予防接種について

「自分と家族を守るために予防接種を受けましょう!」

感染症を予防するということはご自身の健康を守り家族を守る為にも大変重要です。ワクチンによる予防接種を受けることでウイルスや細菌などに対する「免疫」を獲得し感染症を予防することができます。

また多くの人たちが予防接種を受けることで家族や地域など集団の中での流行を抑制することになります。接種に関する努力義務があり公費助成を受けられる「定期予防接種」だけでなく、自己負担で接種する「任意予防接種」も努力義務はないもののその重要性においては変わりありません。

かかりつけの医師とよく相談してその重要性をよく理解し接種をご検討ください。

 

予防接種実施医療機関はこちらから探す

 

【重要:風しんワクチンの追加的対策】

平成31年4月1日から平成34年3月31日までの3年間で「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性」を対象とした風しんワクチンの追加的対策が行われます。具体的には対象者の「風しんの抗体検査」ならびに、検査の結果抗体を持っていなかった方に対する「風しんワクチンの第5期定期接種」が無料で行われます。
https://www.mhlw.go.jp/content/000490987.pdf

この年代の男性は小児期に予防接種行政の変遷で風しんワクチンを十分受けられていないため風しんの流行時に多くの方が感染しやすくなっています。また、ご家族に妊婦さんがいると胎児への感染により生まれてくるお子さんが「先天性風しん症候群」という重篤な病気になってしまいます。大切な家族を守る為にもしっかりと予防するようにしましょう。

【重要:福岡市による風しん抗体検査および予防接種】

また、国による「風しんワクチンの追加的対策」とは別に、福岡市による生まれてくる赤ちゃんを守るための費用助成事業として①妊娠希望者(妊婦は除く)、②妊娠希望者および妊婦の配偶者(パートナー含む)、同居者 に対する「風しんの抗体検査(無料)」ならびに「風しんワクチン接種(一部自己負担)」も行われています。
( http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/health/kansen/husinkoutaikensa_2.html

【子どもの定期予防接種】

ヒブワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン、四種混合ワクチン、BCG、水痘ワクチン、MR(麻疹・風疹混合)ワクチン、日本脳炎ワクチン、二種混合ワクチン、子宮頸がんワクチンなど
https://www.know-vpd.jp/dl/schedule_age7.pdf

【高齢者の定期予防接種】

高齢者の肺炎球菌ワクチン、高齢者のインフルエンザワクチンなど
http://otona.know-vpd.jp

一番上に戻る