南区医師会について

ご挨拶

 皆様こんにちは、本日は南区医師会のホームページをご覧頂いて誠にありがとうございます。南区医師会としては、このホームページを通して我々の医師会活動を知って頂き医療や介護の理解に役立てて頂ければ幸いです。
 南区医師会は、A会員約200名、B会員約80名前後の会員を有しています。南区内には公的4病院(福岡赤十字病院、九州中央病院、福岡病院、九州がんセンター)があり、比較的恵まれた医療環境にあります。私的病院も13施設あり、一般開業医との連携も良く運営されています。地域包括ケアシステム(団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域の包括的な支援・サービス提供体制)の構築が急がれる中、この連携の良さは南区医師会の強みでもあります。
 南区医師会は、南区医師会会歌を持っていますが、その中に歌われています医学の道にいそしみ、希望の光を掲げつつ地域の医療に携わり、この区の市民に奉仕し、永遠の楽園を築かんとする仲間・集団です。
 どうぞ、分からないことや知りたいことがあれば、お近くの医院に気軽に相談して頂き、その為にも、この南区医師会ホームページをご活用ください。
 皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

福岡市南区医師会
会長 松岡 正樹

一番上に戻る